視力低下はストレスも影響している

視力低下はストレスも影響しているのをご存じですか?
実際に近視の人を注意して見ると、大抵が瞳が大きくなっており、交感神経が優位にある健康状態なんですね。

 

 

そして、黒目の中にある黒い瞳の部分は目に入る光の量を調節しており、これが瞳孔になり、交感神経が優位な場合に大きくなります。

 

 

瞳が開いた状態が続くと焦点の深さが浅くなり、ピント合わせに余計な力がかかり、毛様体筋が疲れてヘロヘロになり、視力低下を引き起こすのです。

 

 

このように自律神経の交感神経を一番緊張させるのは、何だかんだ言ってもストレスです。
夜更かしや寝不足などをすると自律神経のバランスが乱れ、体にストレスがかかりますし、これに日常生でも精神的なストレスが加わると、常に交感神経が優位な状態になります。

 

 

その結果、毛様体筋も緊張し続けて疲れきってしまい、ますます視力が落ちていってしまうのです。
しかも、自律神経が乱れてしまうと、血流障害が引き起こされ細胞に酸素が十分に行き渡らなくなってしまいます。

 

 

実際にストレスが胃腸に影響を及ぼすことはご存じの方も多いと思いますが、蠕動運動の働きが鈍くなることで硬化が始まり、これが全身への血流障害のきっかけになってしまうです。

 

 

何より、私たちは目だけでなく脳でも物を見ていますが、それが見えないということは脳にとってもかなり大きなストレスで、これによって自律神経のバランスが乱れてしまうこともあります。
その結果、視力が落ちるという悪循環に陥ってしまうことも少なくないのです。

 

 

また、最近は少し下火になったとはいえ、いじめは、子供たちの間でまだまだなくなっていません。
目が悪いと、授業中も集中出来なくなったり、友達と遊ぶのがおっくうになり、消極的でいつも仲間から孤立していたり、その上学校の成績もパッとせず運動も苦手という子供は、イジメっ子の格好の標的となってしまいます。

 

 

このように近視などをはじめとした視力異常は、子供の人格形成に与える影響は見逃せないのです。

 

 

ですが、安心してください。この視力向上委員会の前田和久先生の視力視力回復アイスマイル1.0 自宅で簡単ラクラク視力アップ法は、目の筋肉、血流、自律神経の乱れなど、脳の疲れる原因をすみやかに取り除くことで視力を回復させ、同時に脳までいきいき活性化させることが出来ます。

良く見えるようになるということは、ストレス解消効果も期待できるので、お子さまの心身をゆったりとリラックスさせ、明るい笑顔を取り戻してあげてください。

 

1日たった5分!親子で楽しく簡単視力アップ!

 

視力回復アイスマイル1.0 自宅でラクラク視力アップ法の詳細を見てみる